中古コピー機を選ぶ

企業でコピーを取る行為は常にありますが、そのコピー機をいかにして購入もしくはリースで補っていくかがポイントとなります。そして新品でなく、中古コピー機を購入しようとする時、様々なポイントをチェックして判断しなければなりません。場合によってはメンテナンスにかかる費用が膨大になってしまうので、コスト面で厳しくなります。

中古コピー機を購入する時にチェックすべきポイントは使っている期間や、月間印刷された枚数です。短期間中古コピー機を利用する時にはメリットがありますが、月間の印刷枚数が多くなるとメンテナンスを行う期間が短くなることがあります。リースによって新品のコピー機を購入するか検討する機会も増えてしまいます。使用期間が長いほど、月間の印刷枚数が増えてしまいます。

メリットとデメリットがあるので、中古コピー機を購入する時には気をつけなければなりません。メリットはとにかく本体価格が新品以上に安くなっています。短期間利用するのであれば、すぐに壊れた時に処分してしまえば問題ありません。しかしデメリットとして、カウンターにかかる費用が高くなっています。新品と比較しても倍以上かかりますので、コスト面では向いていません。さらに中古コピー機を導入してから故障をした時、既にパーツを製造していないケースもあるので、廃棄処分しなければならない状況もあります。修理不可と判断された時のことも考えて、中古コピー機を検討しなければなりません。