データに要注意

メンテナンスを中古コピー機では行うことが多くなってしまいます。担当するのは中古コピー機の販売店であったり、提供しているメーカーのスタッフが担当しています。販売店が対応する際には、エリアがある程度決まっています。しかし範囲が狭くなったり、対応の悪さや遅さが露呈していることもあります。

中古コピー機のメンテナンスを行う契約があるとは言え、3年ほどで壊れてしまうことを想定しています。長期間使っていくケースはほとんどないと、スタッフは考えていないといっていいでしょう。メンテナンスが一切必要ないケースがありますが、実際に中古コピー機が壊れてしまった時には、保守対応を行わなければなりません。しかし他の会社に依頼することができないため、メーカーへ最終的に修理を依頼をすることもあります。修理代金が異常にかかってしまうこともありますが、部品が無くなってしまうと修理することができなくなってしまいます。

保守費用がメンテナンスに関する費用となりますが、中古コピー機では割高になってしまうケースも多いです。快適に中古コピー機を使っていくため、費用を考えながら契約しなければなりません。印刷時のカウンター料金であったり、トナー代金も加味しながら、故障時に修理や部品交換を行っていく費用となります。